日本版ISA(NISA)の特徴について

ISAはイギリスが発祥の地です。本場イギリスでは、ISAは多くの人に馴染みのあるものです。何故なら、イギリスでは国内の居住者ならば国籍に関わらず誰でもISA口座が開設できるとあって、利用者が多いというのが理由です。ISAは今やイギリス市場に大きな影響を与える存在で、金融市場において20兆円以上もの金額が動く源になっているのです。

 

その理由として、イギリスでは非常に幅広い商品が用意されていることが挙げられます。内容は二種類あり、一つ目は株式型ISAと呼ばれるもので、株式や公社債、投資信託、保険などが服まれます。二つ目は預金型ISAと呼ばれ、預金やMMFといった商品になります。口座の開設条件としては、基本はイギリスに居住していることで、個別にみると株式型ISAは18歳以上、預金型ISAは16歳以上と定められています。

 

これに対して日本では、ISAの対象は上場株式、公募株式、投資信託、上場投信(ETF)、上場不動産投信(REIT)くらいなので、利用者にも限りがあるというわけなのです。

 

年間拠出額の上限においては、預金型ISAは株式型ISAの約半分となっています。具体的には株式型ISAでは11,280ポンド、預金型ISAでは5640ポンドで、日本円に換算すると株式型では約170万円、預金型では約85万円となっています。2008年以降のイギリスでは、この年間拠出額の限度額は年を追うごとに増加傾向にあります。何故なら、年間拠出額は消費者物価指数に合わせて毎年改定されるものなので、インフレが起こるとそれだけ増加するからです。

 

この11,280ポンドという数字の根拠は、どこにあるのでしょうか。これは、株式型ISAの年間拠出額というのは、丁度12で割り切れるようにできているのです。何故なら、ISA株式や投資信託の購入には、一括購入や分割購入が可能な他、積立投資という形での購入も可能なのです。積立投資とは毎月定額で購入できるという方法です。ISA株式や投資信託を購入する際に、年間12ヶ月として割り切れる数字を出すことにより、毎月の積立額が分かり易く、計画が立てやすくなるというわけです。

 

◆利用者の半数以上が年収300万円未満
ISA口座とは、一部のセレブの為だけのものではありません。むしろISA口座を利用している人のうちの半数以上が、年収2万ポンド未満という調査結果があります。2万ポンドというと日本年で約300万円になりますので、少ない資産でも利用しやすいことが人気の秘密と言えるのです。

 

イギリスでは年間拠出額に上限があるのですが、半永久的に非課税となっていて、累積投資金額は無制限となっています。これは金融商品を売却・解約することに関して税金はかからず、さらに配当金も非課税ということなのです。

 

預金型ISAの資産は、株式型ISAに移行したり、他の金融機関へ口座ごと移すということもできます。このため、金融機関の顧客獲得競争は盛んになり、日々キャンペーンが行われているという状況です。

 

このように大変顧客本位のイギリスISAですが、元々は10年限り、制度の検証は7年後に行うという前提でした。もし日本版ISA(NISA)が広く利用されれば、10年などというより、半永久的な制度にしてほしいという要望がでることでしょう。

 

そんな訳で、暫くの間はNISAから目が離せない状態が続くと見られているのです。


このページの先頭へ戻る