日本版少額投資非課税制度「NISA」が、もうすぐスタートします

みなさんは、「NISA」(ニーサ)という言葉を聞いたことがありますか?
ニュースや新聞で連日のように取り上げられているため、すでにご存知の方も多いかと思われます。

 

NISAとは、日本版ISA の愛称。ISA(少額投資非課税制度)をもとにつくられた「非課税口座内に限定し、投資から得た売却益や配当金にかかる税金が“非課税”になる」制度のことです。ISAの日本バージョンということで、ISAに日本(NIPPON)のNがつけられNISAと呼ばれています。

 

このNISAが、いよいよ来年2014年の1月からスタート!
現在、証券優遇税制によって、投資から得た利益にかかる税金は10%とされていますが、2013年度末でそれは終了し従来の20%に戻されることが決まっています。こうした点から見ても、NISAによる非課税優遇措置は、ぜひとも利用したいですよね。

 

では、ここからは、NISAについて詳しく見ていきましょう。

 

まず、この制度を活用すれば、毎年100万円の投資を上限として、その投資(株や投資信託など)から得た売却益や配当金を非課税「税金0」にすることができるようになります。つまり、投資所得に対する税金を大幅に減らすことができるようになるわけですから、この制度は投資家の大きな味方といえるでしょう。

 

このISA(Individual Savings Account)が生まれたのはイギリス。本国イギリスでは、既に広く普及しており、高い評価を得ています。それが、ついに日本に登場するとあって、非常に大きな注目を浴びているわけです。

 

さて、このNISAを利用するには、どうしたらいいのでしょうか?そのためには、まず証券会社または銀行に、専用の口座を作る必要があります。口座は、1人1口座まで、2014年1月1日の段階で20歳以上の人に限り開設可能で、申込みは2013年の10月より開始される予定です。

 

NISA口座の開設・利用においては(上記の年齢制限のほかにも)、一旦開設したNISA専用口座は最低4年間にわたり運用しなければならない、開設したNISA口座は異なる金融機関に乗り変えることができない、などといった決まりがあります。よって、どの証券会社(または銀行)で口座を開設し利用するかについては、しっかりと各社のサービスを見比べて、じっくり検討する必要があります。

 

これを機に新規顧客を獲得しようと、NISA口座を取り扱っているところは、いま、多様なキャンペーンを打ち出していますから、ぜひとも各証券会社(または銀行)のHPから資料請求をしてみて下さい。

 

それぞれの特徴を比較検討し、自分が一番納得できる/自分に一番合っているところを選び、口座を開設しましょう。


このページの先頭へ戻る