NISAの基礎知識を学ぼう | NISA口座ネット証券ランキング記事一覧

NISAはイギリスなどといった海外に非常に人気があるのですが、そのNISAの日本版に非常に興味が集まってるようです。推定だけでもすでに500万人以上の利用が見込めるなど日本版のNISAに大きな注目が集まっています。日本版NISAの大きなメリットは譲渡益、分配金といったものにかかる税金がかからないということでしょう。投資などの軽減税率が平成25年12月31日に終了、つまりは今年中でサービスが終了して...
NISAの制度を利用するには、NISA専用の口座を開設する必要があります。その口座で運用して、はじめて非課税の適用をうけることができるのです。■NISAの開始日NISAは2014年から、その制度の運用が始まります。そしてNISA口座の開設は、2013年10月から証券会社や銀行などの金融機関において始まります。またすでに、口座開設の予約を受け付けている金融機関も存在します。口座をひらくことができるの...
みなさんは、「NISA」(ニーサ)という言葉を聞いたことがありますか?ニュースや新聞で連日のように取り上げられているため、すでにご存知の方も多いかと思われます。NISAとは、日本版ISA の愛称。ISA(少額投資非課税制度)をもとにつくられた「非課税口座内に限定し、投資から得た売却益や配当金にかかる税金が“非課税”になる」制度のことです。ISAの日本バージョンということで、ISAに日本(NIPPO...
◆NISAは良いこと尽くめなのか?イギリスでとても評判の良いNISAがついに日本にも上陸することになりました。そのため各地でNISA導入についてのセミナーが開催されたり、インターネット上にも解説ページが用意されたりと、非常に大きな話題を呼んでいます。証券会社、金融機関もこのようにNISAの売り込みにとても積極的です。しかし、各社のおいしい話ばかり聞いていると、その裏側に隠れた不都合なこともあるので...
貯蓄から投資へがうたわれて相当久しいのに、個人の資金の証券市場への流入は限定的と言わざるを得ない。金融機関側もごく一部の富裕層の獲得に必死で、投資家のすそ野を広げる努力はしていないと思う。よって、投資家のすそ野を広げるという意味で、個人的にNISAには大賛成である。売却してしまうとその枠を改めて使うことができないとか年間の非課税枠が100万円という点で、株式投資にはやや使いづらいかと思うが、投信な...
このISAには2つの種類がありイギリスには日本には存在しない預金ISAというものがあります。この預金ISAはイギリス国内の人はかなりの人が利用しています。この二つのISAの特徴を見ていきたいと思います。1つ目は株式ISAです。株式ISAはイギリスのISA利用者の約30%が使用しており、預金型と比べてハイリスクハイリターンです。2つ目は預金型ISAです。これは手堅くお金を預けていくことのできるスタイ...
ISAはイギリスが発祥の地です。本場イギリスでは、ISAは多くの人に馴染みのあるものです。何故なら、イギリスでは国内の居住者ならば国籍に関わらず誰でもISA口座が開設できるとあって、利用者が多いというのが理由です。ISAは今やイギリス市場に大きな影響を与える存在で、金融市場において20兆円以上もの金額が動く源になっているのです。その理由として、イギリスでは非常に幅広い商品が用意されていることが挙げ...
現在、上場株式などの配当や売却した利益に対して10%の税率が課されています。この優遇税制が2013年の12月31日で終了します。来年からは復興増税が課されることもあり、合計で10.147%の税率となります。この場合の課税対象である「上場株式など」については、コボ株式投資信託や上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REIT)を主に指しています。現在の優遇税制が延長されるかどうかについては、政局次第...
◆預金型ISAは日本では導入されませんまもなく、「少額投資非課税制度」が日本に導入されます。首を長くして待っていたという投資家の皆さんも多いと思います。また逆に、未知のシステムであるため、もうひとつ不明な点が多くて心配という方もおられると思います。日本版少額投資非課税制度、通称「NISA」については多くの皆さんが疑問に思われているでしょう。ここではそれについて回答させていただきたいと思います。◆N...

このページの先頭へ戻る