NISA口座を開設できるネット証券ランキング

今までお使いになっていた総合証券口座から少額投資非課税制度というNISA口座でお得な投資をしてみてはいかがでしょうか?
NISAとはイギリスで既に導入されているISAの日本版のことで、ある一定の条件の範囲内であれば投資で得た利益に対して非課税になるという制度です。
既に長期投資の一環として株式や投資信託を購入している方にとってはとても有利な制度になります。当サイトではNISA口座で投資ができるネット証券を人気ランキング形式で紹介しています。NISAの基礎知識や入門情報も紹介していますので是非参考にしてみて下さい。



そもそもNISAとは何か

これまでにも、株式投資を行なっている人たちが、今一番気になっていることはNISAのことではないでしょうか。NISAとは日本版ISAのことで、正式には「少額投資非課税制度」と呼ばれる新しい制度です。Nは日本のN 、そしてISAは「Individual Savings Account」のそれぞれの単語の頭文字を取ったものです。このISAの制度は、イギリスが導入している制度で、それを参考にした制度を日本でも取り入れて、2014年から運用が始まる予定になっています。

 

NISAってなにが良いの?

投資を行なっていくうえで、切っても切れないものの一つに納税があります。積極的に運用して、利益が大きくなればなるほど、納税額もとうぜん大きくなります。そしてNISAは少額投資非課税制度ですから、一定の条件のもとであれば非課税になるということになります。

 

その条件の一つが、少額であることなのです。この場合の少額とは、100万円以下になります。つまり年間100万円までで運用した株式や投資信託の運用益に対する税金がかからないことになります。またNISA口座の期限は5年間になっています。

 

5年後にそれまでNISA口座で運用していた株式や投資信託は、普通の税金がかかる口座へ移管するか、新たなNISA口座へ移管することもできます。しかし新たなNISA口座へ移管する場合は、その時点での評価額で100万円となることは覚えておきましょう。

 

NISAは、すでに長期的に運用している株式や投資信託を持っている人や、あらたに少額の投資を始めようと思っている人には、とても有利な制度です。2014年の制度開始を前に、NISA口座の開設の受付は2013年の10月から始まります。またすでに、受付の予約を開始している証券会社も存在します。NISA口座の開設には、通常の証券口座の開設よりも一手間かかりますが、必要書類を提出すれば、証券会社が代行してくれますから、実質上は普通の口座を開設するのとほとんど変わりません。

 

そしてNISA口座は一度開設すると、現在のところは、5年間はその口座を使い続けることになります。他社への移動は、できません。したがってNISA口座を開設する証券会社選びは、慎重に行うようにしましょう。


このページの先頭へ戻る